A publisher, igniting your life with fulfilled sources of information.

書籍・ムック詳細

ネトゲ脳、緊急事態

ネトゲノウキンキュウジタイ

著:森 昭雄

『ゲーム脳の恐怖』の著者・森昭雄氏が、最先端の脳科学研究を基にゲーム&ネット依存に警鐘を鳴らす書籍。

発売日 2012/12/14 判型 4-6
ISBN 978-4-391-14262-4  ページ数 192
定価 本体価格 900円 +税(定価) シリーズ名

インターネット書店にて購入

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ブックサービス
  • ビーケーワン
  • e-hon
  • ホンヤクラブ.com

 世界で急増するインターネット&ゲーム依存者。IT先進国の韓国では、多発するネット関連事件に、国を挙げて予防・治療体制を確立しつつあります。韓国の最新画像診断や脳科学の進歩では、ネット&ゲーム依存者の〝ネトゲ脳〞が麻薬中毒者の脳と酷似しているとの報告も。

日本ではやっと国立病院でネット依存治療部門ができたばかり。〝ネトゲ脳〞の増殖はとめられないのか! 子どもたちの脳の機能不全をこのまま放置していいのか! 
今できることは、目の前の緊急事態を知ることなのです。
 
もくじ
はじめに
第1章 ⅠT先進国で深刻化する「ネトゲ脳」  
第2章 日本ではなぜ「ネトゲ脳」問題が報道されないのか?
第3章 パソコンやスマホ依存の恐ろしい実態  
第4章 「ネトゲ脳」の背後にある〝依存〟のメカニズム
第5章 「ゲーム脳」から「ネトゲ脳」へ──進化する診断技術
第6章 日本の未来──子どもたちの「脳」を守るために
あとがき