A publisher, igniting your life with fulfilled sources of information.

書籍・ムック詳細

ひとり、家で穏やかに死ぬ方法

ヒトリイエデオダヤカニシヌホウホウ

著:川越 厚

ひとり暮らしの老人が急増している今、独居患者の看取りに尽力するホスピス医が、理想的な人生の終焉法を語る。

発売日 2015/09/11 判型 224
ISBN 978-4-391-14761-2 ページ数
定価 本体価格 1300円 +税(定価) シリーズ名

インターネット書店にて購入

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ブックサービス
  • ビーケーワン
  • e-hon
  • ホンヤクラブ.com

 高齢化が急速に進行し、ひとり暮らし世帯が最も多い家族形態となっている現在、自分の家で人生の最期を迎えるしかない、という人が増えています。

本書の著者は、在宅ホスピス医のパイオニアとしてNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」にも出演。約200人の独居末期がん患者を在宅で看取っています。
天涯孤独の人、家族と離れ離れに暮らす人、陽気な人、物静かな人……本書では、著者が看取ってきた在宅ひとり死のさまざまな生きざま、死にざまを紹介。安らかな最期を迎えるために大切なことを伝えます。
帯には、『おひとりさまの老後』で知られる上野千鶴子氏から「在宅ひとり死の予行演習をさせていただいた気分です」と推薦コメントをいただいています。
 
第一章 独り身が家で死ぬのはわがままですか?
     末期がん患者の3つの特色
     ホスピスケアと緩和ケアについて
第二章 ひとり暮らしの在宅死が難しい理由
     独居患者のリビングウィルについて
第三章 独り身の在宅死を支える人々
     死後の手続き、処理について