A publisher, igniting your life with fulfilled sources of information.

書籍・ムック詳細

生粋

ナマイキ

著:花田 優一

話題の靴職人・花田優一、初の著書!! “大横綱の息子”として保障された何不自由ない生活、約束された将来を捨てた“異端児”の人生哲学。

発売日 2017/11/17 判型 四六
ISBN 978-4-391-15107-7 ページ数
定価 本体価格 1100円 +税(定価) シリーズ名

インターネット書店にて購入

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ブックサービス
  • ビーケーワン
  • e-hon
  • ホンヤクラブ.com
誰かの「枠」にはまるな。
自分に正直になれ。
じゃなきゃ、生きてる意味がない――。
 
 話題の靴職人・花田優一、初の著書!!
“大横綱の息子”として保障された何不自由ない生活と、約束された将来を蹴り飛ばし、「靴職人」という人生を自ら選んだ「異端児」が、自らの足で歩いてきた「道」を振り返り綴った「生きる」哲学&「働くこと」の流儀――。
 先が見通せず、持つべき夢がない、どこか息苦しい時代。
 自分の働き方、あり方、生き方に、とまどい立ち止まっているすべての人たち、若者たちへ届けたいメッセージ。
 
 
1章 生きる哲学
●横綱の息子
●焦り
●自分と向き合う
●「枠」にはなるな
●ただ一心に
●不安の中の喜び
●暇すぎる日本
●自分に正直に
●根拠のない自信
●自分を殺す
 
2章 仕事の流儀
●考える暇があるなら、やれ
●「職に就く」ということ
●絶対的な価値を生む
●失敗はただの「途中経過」
●心地よさを捨てる
●弟子
●帰る場所に恩を返す
●最低100
●見えないところにこそ
●理想の職人
 
3章 男の背中
●夢を売る。夢を買う
●いい男の条件
●愛の言霊
●ワクワクさせてくれる女性
●だから、面食い
●いつまでも「1番」で