つら~いひざ痛、ひざの違和感……  その原因は?

イメージ画像

多くの人を悩ませている、ひざのつらさ。厚生労働省の調べでは、国内に自覚症状がある人で約1000万人、潜在的な患者数は約3000万人と推定され、日本人の4人に1人の方が悩んでいる計算になります。

その、おもな要因にはこちらが考えられます。

いずれにせよ、その原因は……

それぞれや、その複合と考えられます。

私の場合は、学生時代の柔道でケガを負ったせい。10代後半から正座ができなくなってしまいました……でも大丈夫。

いい方法があるんです!

ひざの痛み・違和感をやわらげるには……こうすると、いいんです!

筋肉をまとめ、ひざ周辺の筋肉のこわばりを取り、血行をよくする!

(大腿四頭筋)(外側広筋)もしくは(内側広筋)

大腿四頭筋とは、いわゆる太ももの筋肉の総称です。 加齢やケガ、疲労等で筋肉のまとまりが悪くなると、ひざに負担がかかりやすくなります。 外側広筋内側広筋は、その名の通り、外側と内側に位置する筋肉です。 ここを意識して力を入れると、膝蓋骨(お皿)の上部にある筋肉が緊張するのを確認できるでしょう。 この周辺が緊張することで、ひざ痛につながるのです。また、クッション材である軟骨減少の関節痛も、このひざ周辺の緊張を取り、血行を良くすると、痛みが和らぐとされています。 以前は、痛みがあったら「動かさないほうがいい」といわれていましたが、近年では、適度に動かすほうが、筋肉もゆるみ、血行もよくなり、痛みの成分が緩和されると医学的にも認められています。また、衰えた筋肉を目覚めさせる効果もあるといわれています。

そのためには、適度な運動、マッサージなどで、 動かす方がいいとされています。