7月18日に株式会社京都アニメーション様にて発生した放火事件について、
ご逝去されました皆様のご冥福を衷心よりお祈りいたします。
また、御遺族の皆様、京都アニメーションの社員・関係者の皆様に
心よりお見舞い申し上げるとともに
負傷された皆様の一日も早いご快復を祈念申し上げます。

京都アニメーション様には、
弊社刊行の月刊誌『PASH!』本誌などでのお付き合いのほか、
『Free!』『境界の彼方』のムック本を出させていただくなど、
一方ならぬお世話になってまいりました。
弊社スタッフが取材に伺い、京都アニメーションの皆様が
和やかにお仕事されていた様子を拝見させていただいたこともありました。

それだけに今回の事件については、胸を締め付けられる思いを抱いております。

「人を楽しませ、感動させる作品」を作ることを目指す同志として
弊社は今後とも、京都アニメーション様への応援を続けてまいる所存です。

株式会社主婦と生活社