MESSAGE 新入社員メッセージ 未来の後輩へ

「本好き」にとっては見るものすべてが興味深く

毎日が学びの連続です。

2020年 産業社会学部

販売部

高田 花絵

Takada Hanae

私が「シュフセー」を受けた理由

物心ついた時から本に囲まれた環境で育ったので、自然と本に関わる仕事に就きたいなぁと思っていました。就活をする中で主婦と生活社の雰囲気が自分に合うと感じて、志望しました。入社してから、「この本、主婦と生活社のなんだ!」という出来事が多くて、何かしらのご縁があったのだと思います。ちなみにまったく覚えていないのですが、小さい頃に書いた夢ノートの中に「将来、出版社で働く」という一文があったのを就活が終わった後に見つけて驚愕しました。色んなことが積み重なって出版社にたどり着いたのだと感じています。

就活中の「シュフセーの印象」は?

とにかく、筆記試験が難しかった印象です! 「自分の中の常識や知識って、狭い世界の中でしかない」と感じたのと同時に、色んな方面に興味をもつ機会になりました。また、入社前に何回か課題の提出があり、実際に働いている先輩方と話ができる機会が多かったので、社会人として働いているイメージがつきやすかったです。

社内研修はこんな雰囲気です

自分でアポイントを取って、取材をして、記事を1本完成させるという研修がいちばん印象深いです。その時は緊張で心臓をバクバクさせながら、取材した記憶があります。その分、記事がアップされた際には、自分が思っている以上にたくさんの方々が関わって記事が出来ているんだと実感しました。

配属されてからの心境は?

現在は販売部の書籍雑誌課に所属しており、編集部の企画立ち上げから書店さんに本を届けるまで、一連の流れに携わっています。本好きの私にとってはとても興味深い部署で、毎日学びの連続です。現在はコミックスやライトノベルの担当として、編集部と特典の打ち合わせをしたり、どういう施策をしたら売り伸ばしができるのかを考えたり、皆さんに本を届けるために日々奮闘しています。もし、好きな作品に特典ペーパーなどが挟まっていたら、その一つ一つにはドラマがあります。それを想像してみるのも面白いかもしれません。

社会人として大事にしていること

どんな状況下でも、少しファニーな気持ちを持って仕事をしています。やはり人は、余裕がないと周囲に優しくできませんし、受け入れることもできません。特に今は新人なので、色んな人に支えられながら仕事をしています。毎日、この実感の嵐です。だからこそ、自分の気持ちに余裕がないと学べなくなってしまう、見えなくなってしまう部分があると思います。そこは、見失うことのないように心がけています。

学生時代と「変わったこと」「変わらないこと」

いちばん変化したのは、コンテンツを見るときの視点です。今までは、単純にコンテンツを「楽しむ側」として作品を見ていました。入社してからは、「楽しい!」「面白い!」と思うものについて、「なぜそれは楽しいと感じるのか?」「今、私は何を感じ、どう思ったのか?」と考えたり、SNSを見て「この人はどのような意味でこの言葉を発したのか?」と想像したり。楽しんでいるコンテンツ自体は学生時代と変わっていませんが、「情報を発信する側、作る側」として、喜怒哀楽などの感情の動きを細やかにみるようになったのかな、と思います。

「未来の後輩」にひと言!

社会人=デスクワークのイメージでしたが、それだけじゃない! 目に見えるものすべてが興味深く、仕事につながることが、主婦と生活社のいちばんの魅力だと思います。皆さんの1年後、10年後に、少しでも「主婦と生活社にいる未来」が選択肢としてあるなら、いつかお会いできる日を楽しみにしています。そして、皆さんに素敵なご縁がありますように、心から願っています。