MESSAGE 新入社員メッセージ 未来の後輩へ

時代とともに変わるビジネスは、

毎日が勉強。毎日が刺激的。

2018年 ネットワーク情報学部

広告部

吉田 幸次郎

Yoshida Kojiro

私が「シュフセー」を受けた理由

幼い頃から、街に出ると芸能人がいないかキョロキョロ見渡してしまうほどのミーハーで、出版業界やテレビ業界にずっと興味を抱いていました。ただ数多くの雑誌がある中でも、主婦と生活社が発行する『LEON』が大好きでした。他のメンズファッションとは一味も二味も違った世界観を持つ誌面。見ているだけでワクワクできるそんな雑誌に携わりたいと思い、主婦と生活社を志望しました。

就活中の「シュフセーの印象」は?

まず選考で最も印象的だったのは筆記試験の難易度が非常に高い! 一般常識と作文なのですが、難易度・問題量ともに異常でした(笑)
一般常識を終えた段階で、もうあきらめて帰ろうと思ったほど自信がありませんでした。
また、選考時から多くの若手社員の方と触れ合う機会があり、「とてもアットホームな会社だなぁ」という印象を受け、志望度がグッと上がりました。就職活動中にいろんな会社を受験しましたが、セットアップで胸元を開け、素足に革靴で面接に臨んだのは「LEON」を志望していた主婦と生活社だけでした(笑)

社内研修はこんな雰囲気です

約4カ月間というボリュームのある研修期間は、とても充実したものでした。各部署の研修を受けることで本がどのように作られ、どのように読者のもとに届けられるのかという一連の流れを理解することができました。
なかでも印象的だったのは、猛暑の中ひたすら聞き込みを行った週刊女性の研修。体力的にも精神的にもかなりヘビーな研修でしたが、真実を世の中に発信するためには、努力を惜しんではならないという姿勢を学ぶことができました。

配属されてからの心境は?

LEONの広告部に配属が決まり、素直に良かった!と思いました。配属されてからは、わからないことを上司に聞く毎日で、何もかもが初めてでずっと緊張していました。正直に言うと、今でも全然慣れていません!(笑) ただ、何でも相談できる上司や先輩が周りにたくさんいるのでとても心強いです。
LEONの広告の仕事は多種にわたり、広告を売って終わりではありません。進行スケジュールの管理やイベントの運営、展示会に同行する…などなど、毎日やることがてんこ盛りです。
また、広告のかたちというのも時代とともに変わり、それに対応していくための勉強も必要です。そのおかげで毎日刺激的な日々が過ごせています。

社会人として大事にしていること

私が大切にしていることはまず「メモをとる」ということです。わからないことだらけの毎日なので、わからないことをひとつずつ確認していくことが新人にとって重要な仕事です。とは言え周りの上司も忙しいので、優先順位をつけて何から質問するべきかを常に考えています。また、「報告・連絡・相談」の3つも常に心がけています。LEONの広告はチームで動いているので情報の共有はとても大切なことです。

学生時代と「変わったこと」「変わらないこと」

雑誌の見方が大きく変わりました。以前までだと「この服カッコイイ!」とか「この時計欲しいなぁ」といった見方をしていましたが、今では、「この雑誌にはこういうブランドの広告が入ってるんだ」という見方に変わりました。広告目線で雑誌を読むことでセールスにもつながるケースがあるので、他誌の広告ページは必ずチェックしています。学生時代と変わらないことはやはりミーハーなところですね(笑)
ハイブランドの展示会などで芸能人が来ているとどうしてもテンションが上がってしまいます(笑)

「未来の後輩」にひと言!

面白さを感じる瞬間は人それぞれですが、私は今の仕事をしていく中で、ブランドに詳しくなれることに面白さを感じています。自分が「面白い!」と思えることを探求するのは就職活動でも大切なことです。筆記試験がどれだけ難しくても、面接でうまく受け答えができなくても、最後まで諦めずに楽しんでください!