A publisher, igniting your life with fulfilled sources of information.

書籍・ムック詳細

吉田類の散歩酒

ヨシダルイノサンポザケ

編:吉田 類

『酒場放浪記』でおなじみの吉田類が、東京近郊でぶらり散策しながら、一杯やれる散歩コースを紹介。

発売日 2015/12/25 判型 A5
ISBN 978-4-391-14706-3 ページ数
定価 本体価格 1300円 +税(定価) シリーズ名

インターネット書店にて購入

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ブックサービス
  • ビーケーワン
  • e-hon
  • ホンヤクラブ.com

 武蔵野の木立を眺めつつ、焼きトンで立ち飲む。僕の‶散歩酒″は、JR中央線、吉祥寺界隈から始まった。
ときおり、高尾山にも遊ぶ。峠の茶店では、なめこ汁と缶ビールが欠かせない。

 そして、‶散歩酒″のテリトリーは下町へと広がった。
(本文より)
 
酒場詩人・吉田類が「大人の街の歩き方」「酒の愉しみ方」を指南!
ぶらりと街を散策し、のどが渇いたら一杯。街を肴に気ままに‶散歩酒″。
新しい散歩のスタイルがココに誕生!!
今回、類さんに馴染み深い『吉祥寺』『深川界隈(門前仲町~森下)』
『高尾山』を大特集。おすすめの酒場、街の歴史や見どころを紹介しています。
 
〈本書の構成〉
1章 変わっていく街、変わらぬ街「吉祥寺」散歩酒 
2章 江戸下町情緒の残る街「深川」散歩酒
3章 都会を背にした大自然「高尾山」散歩酒
4章 街の歴史を紐解く 
 

 【著者紹介】

吉田類(Rui Yoshida)
高知県出身。イラストレーター、エッセイスト、俳人。BS-TBSの長寿番組「吉田類の酒場放浪記」でお馴染み。
そのほか、ラジオや各メディアで幅広く活躍中。酒場と旅をテーマに執筆活動も続ける。