Loading...

暮らしのおへそ
暮らしのおへそ

2006年2月創刊 発行形態/1月、8月下旬発売

習慣には、明日を変える力がある

その人だけがもつ習慣、その人の根っこをつくるもの。
それを「おへそ」と名づけました。
女優、料理家、デザイナー、経営者、主婦の方まで、
個性豊かな方々の「暮らしのおへそ」を紹介します。

CURRENT ISSUE

vol.31 1月29日(金)発売 1400円(税込)

ずっと、どこかに「正解」というものがあって、
みんなそこを目指して歩いていると思っていたけれど、
最近もしかしたら「正解」というものは
どこにもないものなのかも…と思うようになりました。

モデルの浜島直子さんは「表紙を飾るような花形モデルにはなれない」と悟ったとき、
「言葉のあるモデルになる」と新しい道を見つけました。
タサン志麻さんは、フレンチレストランで働きながら、
「家族のおいしい」をつくる人になりたい、と家政婦になることを選びました。
ずっと探し続けていた「正解」が
「正解じゃなかったかもしれない」とわかる日がやってくる…。
それは、大きな挫折と失望かもしれないけれど、
同時に新しく生まれ変わるための、ワクワクする瞬間なのだなあと、
今回の取材を通して教えていただきました。

「おへそ」は、「やってみる」ことで育ちます。
ひとつ新しい習慣を始めたら、「なかなかいいな」
「ちょっと違う」「こっちのほうがもっといい」といろいろな答えがつがながっているはず。
そして方法を変えてまたやってみる。
その繰り返しのなかで、少しずつ自分らしさが立ち上がってくる…。
「おへそ探し」は、その道中がいちばん楽しいのです。

編集ディレクター 一田憲子


【目次】

1.浜島直子さん(モデル、絵本作家)/「自分発見!」のおへそ
2.たかはしよしこさん(料理家) 前田景さん(アートディレクター、フォトグラファー)/目の前主義のおへそ
3.大塚あや子さん(刺しゅう作家)/笑顔のおへそ
4.タサン志麻さん(家政婦、料理家)/わが道のおへそ
5.勝間和代さん(経済評論家)/しっかり稼いで、穏やかに暮らす。勝間流おへそのつくり方
6.小池梨江さん(「よこぐも」店主)/頑張らないおへそ
7.森ゆにさん(シンガーソングライター、ピアニスト)/整えるおへそ
8.塚本憲央さん(「器 つか本」主宰)/表と裏のおへそ
9.藁谷恭子さん(主婦)/ありのままのおへそ
10.大友洋一さん 静江さん(「カフェドラぺ」店主)/飛び越えるおへそ
11.本橋ひろえさん(ナチュラルクリーニング講師)/知識のおへそ

WEB MEDIA

OFFICIAL WEB MEDIA

暮らしとおしゃれの編集室

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは「ナチュリラ」「大人になったら着たい服」「暮らしのおへそ」の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。"