A publisher, igniting your life with fulfilled sources of information.

書籍・ムック詳細

日本の食材帖 野菜・魚・肉

ニホンノショクザイチョウヤサイサカナニク

編:主婦と生活社 監修:山本 謙治 監修:ぼうずコンニャク

「産地」「品種」「旬」がわかれば、国産食材はもっとおいしい!
写真&データつき完全ガイドができました。

発売日 2009/09/18 判型 B5変
ISBN 978-4-391-13819-1 ページ数
定価 本体価格 1500円 +税(定価) シリーズ名

インターネット書店にて購入

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ビーケーワン
  • e-hon
  • ホンヤクラブ.com

食品の安全性や節約志向から「食材のことをもっと知りたい」という声はますます大きくなっています。本書はそんな要望にこたえる内容。老若男女、あらゆる層にオススメできる1冊です。

たとえば……「野菜」は農水省発表の出荷量を主要産地(県)別に比べ、、出荷量の最も多い時期を「旬」と表記しています。出荷量の多い時期はその野菜がもっともおいしく、また安い時期でもあるので日々の買い物にそのまま役立つデータです。「魚」についても同様、農水省の水揚げ高を基準にしています。

「野菜」や「魚」は通常、平仮名やカタカナで表記することが多いですが、本書は呼び名に当たる漢字名も併記しています。また、取り上げているのは、同じ種類の野菜の中でも特徴的なもの、これから注目されるであろうものを集め、品種群としています。解説では日本人の食文化にかかわってきた経緯をもとに、特徴的な栄養なども紹介しています。

オススメ書籍